2015年4月25日(土)にロイトン札幌にて行われた北海道小児歯科医会第33回総会・研修会に出席してきました。



特別講演は北海総医療大学歯学部の松岡紘史先生先生により「子どもの困った行動への処方箋:認知行動療法による理解と対応」と題されて行われました。

認知行動療法の基本的な考え方や、それを実際の臨床の場面へと適用する方法について子育て上の問題を例に挙げながら解説していただきました。

個人的には臨床への応用よりもむしろ「ウチの息子たちにいうことを聞かせるためには」という視点でお話を聞いてしまっていました。

これからメモを見返しながら診療時の対応にも生かしていきたいと思います。