よく患者さんから「子どもの歯を磨くときに歯磨き粉は使った方がいいですか?」という質問を受けることがあります。

ひと昔前は歯磨き粉の使用をあまり積極的に進めない歯科医が多かったように感じます。

  • お口の中が泡だらけになって長時間磨けない
  • 短時間のブラッシングで磨けた気になってしまう

などが主な理由だったと思います。

しかし、私は歯磨き粉は積極的に使うべきだと思っています。ただし、それにはいくつかの条件があります。

ぶくぶくうがいができること

少々の量であれば飲み込んでも害はないと思いますが、うがいができるようになってからでも遅くはないでしょう。

ぶくぶくうがいがまだできないお子さんにはフッ素ジェルやフッ素スプレーなどを使うとよいでしょう。

味などを嫌がらないこと

嫌いな味だとどうしても長時間磨けないですし、歯磨きそのものも嫌になってしまうかもしれません。色々な味の歯磨き粉が売られていますのでお子さんが好む味を選んであげてください。

フッ素入りの歯磨き粉を使うこと

私が歯磨き粉をお勧めする一番の理由はフッ素によるむし歯予防効果が期待できることです。現在市販されている歯磨き粉の大半はフッ素が配合されています。裏面の成分表示に「フッ化○○」や「フルオロ××」などと記載されていればほぼ間違いなくフッ素入りなので参考にしてみてください。

当院では味がマイルドで泡立ちが少ない、長時間のブラッシングに適した歯磨き粉を取り扱っています。味見もできますのでお気軽にご相談ください。