イノシシ

あけましておめでとうございます。

ニコ小児歯科医院は明日1月4日(金)より2019年の診療を開始いたします。

今年は一昨年より開始した訪問診療をより充実させるとともに、外来診療でも皆様によりご満足いただける医療を提供できるようにスタッフ一同精一杯努めていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、平成最後の今年の干支は亥、ということで例年に倣ってイノシシの歯について調べてみました。

イノシシの歯は上下とも同じ本数で、片側で切歯3本、犬歯1本、小臼歯4本、大臼歯3本の計44本あります。
(ちなみにヒトは切歯2、犬歯1、小臼歯2、大臼歯3の32本)

特徴として、下顎前歯が地面を掘り起こせるようにシャベルのような形状になっているそうです。

犬歯はハサミのように鋭く、敵に対する武器になります。

小臼歯は肉を切るのに適した形をし、大臼歯は強い力で噛み砕くことができるようになっています。

イノシシの歯の3・1・4・3という本数は哺乳類の基本、と学生時代に生物学か解剖学の講義で習ったような習っていないような・・・(なにせ不真面目な学生だったので記憶があいまいです)

それでは本年が皆様にとって幸多い1年になりますように。