NiKOブログ NiKOブログ
2013年4月20日(土)にロイトン札幌で行われた北海道小児歯科医会の総会と研修会に参加してきました。

研修会の特別公演は北海道医療大学歯学部 口腔機能修復・再建学系 う蝕制御治療学分野(最近はどこの大学も講座の名前が長く、複雑になりましたね)の伊藤修一先生により「バイオアクティブ材料の可能性」と題して行われました。

現在の歯科修復材料の問題点やこれから期待される材料などに関する講演だったのですが、私自身が大学院時代に歯科材料に関する研究をしていたこともあり、非常に興味深い講演でした。

遅ればせながらあけましておめでとうございます。

今年も「笑顔を育てる歯科医院」としてお子さんたちのお口を通した健康づくりのためにスタッフ一同力を尽くしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年の干支は「巳」、ヘビです。

ヘビの牙は全体的に細長く体の後ろ側に向かって湾曲しているそうです。そのため喰いつかれた(飲み込まれた)獲物はどんなにもがいても脱出することができないということです。

また、ヘビといえば毒牙を思い浮かべるかもしれません。毒牙の根元には毒腺と呼ばれる器官があり、そこから牙にある管あるいは溝を通って毒が獲物に伝わるようになっているそうです。

それでは今年もよろしくお願いいたします。

参考サイト



当サイトでたびたびご紹介している歯の知育コンテンツ「はいく」。
今回ドライマウスに関するコンテンツが追加されました。

親子で学ぶ歯の絵本「なに、たべたの?」

親子で学ぶ歯の絵本「なに、たべたの?」 お口(マウス)がいつも乾いているネズミ(マウス)のお話

歯のきょうしつ「ドライマウス」に詳しくなる

「ドライマウス」に詳しくなる ドライマウス(唾液低下によるお口の乾燥状態)の解説

興味のある方はぜひご覧になってください。

関連リンク


2012年10月20日(土)に岩手医科大学にて開催された第30回日本小児歯科学会北日本地方会大会に参加してきました。

今年は北日本地方会30周年ということで、口頭発表はすべて「北日本地方会の30年と未来」と題して各道県と大学の先生方からこれまでの歩みと今後の展開についての講演でした。

興味深いお話も聞けたのですが、できれば臨床に即した発表も聞きたかったのが本音です。

展示発表は18題ありました。私もそろそろ発表しなければいけないので色々と参考にさせていただきました。

2012北海道デンタルショーの様子
2012年8月18・19(土・日)の両日に札幌パークホテルにて行われた北海道デンタルショーに行ってきました。
(さらに…)

2012年6月25日発行の子育て情報誌「はっぴーママ北海道版2012年7・8月号」にニコ小児歯科医院院長 堀稔の記事が掲載されました。

はっぴーママ北海道版2012年7・8月号
「教えてドクター」のコーナーで歯の外傷について書いています。

外遊びの機会が増えてケガの心配も増えてくるこの時期、ぜひ参考になさってください。

はっぴーママ北海道版は全道の書店・コンビニなどで発売中です。

このブログでも何度もご紹介している歯の知育コンテンツ「はいく」
久しぶりにチェックしてみたら新たなコンテンツがいくつか追加されていました。

親子で学ぶ歯の絵本「かばママのはブラシ」

かばママのはブラシ ブラッシングのし過ぎによる知覚過敏についてのお話です。

親子で学ぶ歯の絵本「チュウしたっていいよね?」

チュウしたっていいよね? 赤ちゃんのむし歯予防と親子のスキンシップについてのお話。

歯のきょうしつ「赤ちゃんのむし歯対策」

赤ちゃんのむし歯対策 先程の「チュウしたっていいよね?」の内容をくわしく解説しています。

いつものように絵本には印刷用のPDFと保護者向けの解説書が用意されています。

興味のある方はぜひご覧になってください。

関連リンク


2012年4月21日(土)にロイトン札幌で行われた北海道小児歯科医会第30回総会・研修会に出席してきました。

研修会は北海道医療大学心理科学部言語聴覚療法学科の木下憲治教授により「食べる機能の発達」と題して、摂食・嚥下機能や離乳などについて講演が行われました。

木下先生とは北大小児歯科学教室に在籍中に一緒にお仕事をさせていただいていました。今回の講演は勉強になったのは言うまでもありませんが、個人的には久しぶりに「木下節」が聞けて大変うれしかったです。

※写真は(たぶん)普通のチョコです。

「キシリトールチョコ」というものがあります。ある歯科医師が開発したもので、取り扱っている歯科医院から購入することができます(ちなみにウチでは扱っていません)。

ところで、
子どもが歯みがきを嫌がります。「ごほうびにキシリトールチョコをあげるとむし歯にもならなくていい」と聞いたことがあるのですが、みがいた後にキシリトールチョコを食べさせても大丈夫ですか?
と聞かれることがたまにあります。

この「大丈夫か?」が「むし歯にならないか?」という意味であれば答えは「Yes」です。

でも私は特別な事情のない限りお勧めはしません。
(さらに…)

遅ればせながらあけましておめでとうございます。

今年も一人でも多くの子どもたちが笑顔でいられるようにスタッフ一同、心を込めて診療に臨む所存でおります。

さて、今年の干支は「辰」。毎年干支の動物の歯について書かせていただいていたのですが、今年はさすがに想像上の生き物なので・・・

で、代わりにタツノオトシゴについて調べてみたところ、

タツノオトシゴは歯や胃を持たない。そのためエサはその消化器官を素早く通過する。その結果、彼らは生きるために、常に食べ続けていかなければならない。
動物 - タツノオトシゴ - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイトより抜粋

だそうです。
ストローで吸い込んで丸飲み、なんですね。

それでは今年もよろしくお願いいたします。

札幌市北区拓北の小児専門歯科医院です。小児歯科専門医がお子様のお口の健全な成長を全力でサポートします。駐車場完備により篠路、あいの里からも好アクセス。 | ニコ小児歯科医院

診療時間

時間
09:30-13:00 × ×
14:30-19:00 × ×

土曜日

午前 9:30~12:30
午後 13:30~16:00

日曜・月曜・祝日

休診日

ネット予約はこちら

お問い合わせ

詳細へ

お電話によるお問い合わせ

obj_phone
上記診療時間内にお受けいたします

メールによるお問い合わせ

obj_eml

交通のご案内

詳細へ

JRでお越しの場合

JR学園都市線 拓北駅下車 徒歩約10分

バスでお越しの場合

札幌ターミナルより中央バス【39】ひまわり団地線「ひまわり通」下車 徒歩0分
もしくは
地下鉄東豊線栄町駅より中央バス【栄20・23】栄町教育大線「拓北1条2」下車 徒歩約3分

自家用車でお越しの場合

obj_map
ページの先頭へ トップページへ